本文へスキップ

事業内容 


①法定後見人・保佐人・補助人、任意後見人、 後見監督人に関する事業
②認知症高齢者等の後見に関わる相談・支援事業
③認知症高齢者等への生活支援サービス事業
④市民後見人の育成・指導事業
⑤成年後見制度に関する講演会・研修会の開催および講師派遣事業
⑥成年後見制度の普及事業


下記に2018年度事業報告、2019年度事業計画より抜粋して掲載
2019年6月9日 2019年度通常総会開催 正会員数 95 名)

  2018年度事業報告
     2018 年 4 月 1 日から2019 年 3 月 31 日まで
事業の成果
1)平日常駐制度を設け、電話、面談による問い合わせ相談を行った。
また、10周年記念事業時に相談コーナーを設けて実施した。
2) 受任件数は会の発足から累計44件(内死亡21件)となった。
様々な類型を学びながら身上保護 を重点に新規従事者を増やし、時勢に即した勉強会を5回開催した。その他、任意後見についても視野に入れ、契約に向けて動いている。
3) 生活支援サービス事業のやり方等を検討するにとどまり実施していない。
4) 後見制度に関する講演会・講師派遣は、成年後見の啓発と併せ、健康やまちづくりといった高齢者に関する区内のイベントに積極的に参加しPR活動とビデオ上映を行った。
5) 市民後見人養成講座は、任意団体の時から毎年開催。フォローアップを含めて新しい情報も取り込み、修了者の1/2(7名)が入会した。
6) 毎月、会報を発行した。又、ホームページのリニューアルを行い、会の動向周知、PRをした。


事業実施に関する事項
特定非営利活動に関わる事業

 事業名 事業内容  実施場所  受益対象者の範囲
及び人数 
1)後見に関わる相談
・支援事業
 電話、面談による問い合わせ相談 事務所  区内外相談者
2)後見・監督人事業 後見人と監督人の受任 及び後見活動
新規4件、継続19件、終了4件
品川区を中心とした地域 被後見人 16 人
被保佐人 6 人
被補助人 1 人
3)生活支援サービス 事業
 活動なし    
4)後見制度に関する
講演会等講師派遣
①成年後見制度啓発及び本会の照会3回
②区主催フォーラム等にブースを設置2回
品川区、
区内150名
5)市民後見人育成
事業
市民後見人養成講座
品川区
19名
6)情報誌等の発行
  事業
 会報及びホームページ等での情報伝達   区内外及び会員
7)勉強会の実施  会員のスキルアップとしての、後見に関るテーマでの対話集会「月曜カフェ」  品川区役所  140名 
8)特定非営利活動法人設立10周年記念事業   「認知症になっても安心して暮らせる社会」を支える「市民後見人」の理解を広める。
①記念誌「大河の一滴」及び「映画会とシンポジュウム記録集」発行
②映画会開催
・講演会「成年後見制度品川区の取組み」
・映画会「八重子のハミング」
③シンポジュウム「今、なぜ市民後見~品川からの報告~」
④講演会「NPOとして進める市民後見人運動」
堀田力氏
⑤相談コーナー他
実施日時
2018.7.14~15

品川区「きゅりあん」 
品川区民対象408名 
 2019年度事業計画
     2019 年 4 月 1 日から 2020 年 3 月 31 日まで
事業実施の方針
1) 相談・支援事業は、さらなる充実を図り、電話、面接などで相談を行う。
2) 後見・監督人事業は身上保護を重点に、専門的な知識を習得し市民後見人として地域社会に根ざした活動を行う。また、後見業務の質の向上のため、勉強会(情報交換会)の開催をする他、特殊事務(施設入居、死後関連)へのサポーター役の導入を図る。
3) 生活支援サービス事業は見守りなど、任意後見との関連を考慮しながら本会の関わりの可能性の検討をする。
4) 後見制度及び本会に関するパンフレットを改訂する。講演会等への講師派遣事業は区内のイベントに積極的に参加すると同時に本会主催も視野におき、後見活動の普及・啓発活動を行う。
5) 市民後見人養成講座終了者のフォローの充実を図り、後見活動の担い手を育成する。
6) 会報の定期発行、ホームページの拡充をさらに強める。
7)勉強会(月曜カフェ)のさらなる充実を図る。

特定非営利活動法人 
       市民後見人の会

〒140-0014地図
東京都品川区大井1-15-1

TEL 080-3912-3259
通話専用 月~金曜日の10時~16時
TEL・FAX 03-6303-8265
FAX受信は24時間対応
mail:npokouken@gmail.com